ある火山学者のひとりごと


▼ 掲示板 ▼ 投稿する ▼ 編集する ▼ 管理用 


おなまえ *
Eメール
 
編集用パス *
URL
コメント *
 
ここに表示されている平仮名6文字を、右の欄に入力してください。
画像認証コード *
* は必須項目  
     
  • 最新発言を (表示ボタンを押すと下の入力欄が一旦クリアされます。)
<最新10発言>
19919. 2019年05月16日 12時07分54秒  投稿:Mr.T 
早速のご教示,ありがとうございました.
今後も私なりに調べる予定にしております.
話変わって,似たような放射状の構造があります.
画像を別途メールでお送り致します.

19918. 2019年05月15日 23時36分33秒  投稿:ちば 
あとは露頭の位置関係でしょうか

道路沿いで、岩が大きな障害となる位置にあり
人間が削孔可能な位置ならば、
発破かもしれない、その場合、管理者に確認すればいいかと

>

19917. 2019年05月15日 23時16分34秒  投稿:ちば 
 [http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1392951435091/index.html]

この写真も同じものでしょうね

写真だけではよくわからないのですが、
たしかに収斂の仕方が微妙な感じがします

(1)発破孔ならば中心に円形断面の孔があって、
そこから放射状に外に向かって亀裂が伸びる

(2)冷却節理の場合は、外側の面(厳密には等温面)に対して
垂直にできた節理が内部に向かって伸びる。
曲がることも多い。
内部では、なかなか一点に収斂しない。

別アングルの写真で横から見るとわかるかなあ



19916. 2019年05月15日 18時12分19秒  投稿:Mr.T 
お伺いいたします.
次のURLに玄武岩が写っています.
http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1392951435091/index.html
中心に発破孔があるように見えます.
中心から広がる放射状亀裂は発破でできたのではないでしょうか.
ご教示お願いいたします.

19915. 2019年05月14日 08時25分40秒  投稿:おおさと 
 [https://www.youtube.com/watch?v=nQHVf570JQM&feature=share]
こっちにも三宅島動画アップだねぇ〜

19914. 2019年04月19日 22時38分06秒  投稿:ちば 

走れ!京王線

下高井戸から西側をみると、ちょうど夕日が正面に見えました。
この、懐かしい光景をみられるのも、もうわずかです。
京王線が高架化計画が実施段階に入り、線路の脇には空き地ができています。



京王電鉄の高架計画のページ
https://www.keio.co.jp/train/sasazuka-sengawa/outline/index.html

19913. 2019年04月18日 08時19分36秒  投稿:ちば 
 [https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/011600013/?P=1]
カッシーニが撮影した
タイタンの写真がすごい
海があるのに 水ではなくて エタン とか メタン らしい

19912. 2019年04月18日 08時07分02秒  投稿:ちば 
 [https://www4.nhk.or.jp/P4816/]
NHK総合5月6日19時30分から放送予定の
潜れさかなくん

相模湾内のいくつかのポイントを紹介しますが
熱海では海底の石垣のように見える地点も

わたしも熱海や伊豆大島ロケおよびスタジオでも登場予定です

19910. 2019年04月14日 07時02分34秒  投稿:ちば 
 [https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190412/k10011881571000.html]
日大の宮地直道先生は、
富士火山の研究者で
ハザードマップ作成の際に
大いなる貢献をされましたが
平成23年10月に54歳で亡くなりました。
癌でした。
彼の功績と人となりが
NHKのWEBページで
詳しく紹介されましたので、
お知らせします。

19909. 2018年12月30日 22時36分20秒  投稿:Mr.T 
ちば様
再度の早々のご教示,ありがとうございました.

以下,私の拙い考えです.
キノコ岩の暗色の傘と明色の柄は,異なった火砕流堆積物と思われる.
明色の柄の部分は,先行した火砕流堆積物の上部で非溶結である.
暗色の傘の部分は,後発の火砕流堆積物の下部で同様に非溶結である.
両者を比べると,暗色の傘の部分が強度が大きいか透水性が低い.
よって,暗色の傘の部分が侵食に対するキャップロックとなった.
両者の差は,火砕流堆積物の上部と下部における溶結度の微妙な差に
原因があるとみられるも詳細は不詳.

傘の部分が,パラゴナイト化作用で透水性が低くなったとしたら…
何となく希望が出てきました.
ただ,パラゴナイト化は苦鉄質な感じですが,珪長質な火砕流でも同様に
起こるのでしょうか?

かつて現地で確認していますが,暗色部は表層だけでバクテリアか何かが
原因と邪推しています.
また,暗色部の表層下は珪長質で非溶結な火砕流堆積物でした.