ある火山学者のひとりごと


▼ 掲示板 ▼ 投稿する ▼ 編集する ▼ 管理用 


おなまえ *
Eメール
 
編集用パス *
URL
コメント *
 
ここに表示されている平仮名6文字を、右の欄に入力してください。
画像認証コード *
* は必須項目  
     
  • 注意:匿名PROXY経由での書き込みは出来ないように設定しています。
  • 最新発言を (表示ボタンを押すと下の入力欄が一旦クリアされます。)
<最新10発言>
19858. 2017年05月24日 04時50分13秒  投稿:ちば 
 [http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/kouhai/jishin_data/data/contents/kazan/vol/ashfallf/20170523/Z__C_RJTD_20170523124500_EQV_CHT_JCIashfallf_JR506X_N1_image.pdf]
多十郎さん>

2017年05月23日21時18分の昭和火口噴火でしょうか

この噴火は夜中なのではっきりした画像はないですが
レーダーでははっきり見えたようです

てるみつべやに掲載されたXRAINの画像
レーダー画像

19857. 2017年05月23日 21時37分05秒  投稿:多十郎 
桜島が中規模の噴火をしましたね。

19856. 2017年05月04日 22時57分24秒  投稿:ちば 
 [https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-cd-2f/arukazan2000/folder/765908/12/4283812/img_0?1177594741]
トバカルデラは、直径が100kmもあるので
もはや、別次元のの現象で
少し比較しにくいのかも


19855. 2017年05月04日 22時39分00秒  投稿:ちば 
 [http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo30-2.htm]
Seguraさん>

このカルデラの内側の盛り上がりのことですよね
 
(海域火山データベースより)

これまでの、地質調査の論文はこちらになります

中央部に溶岩ドームがあることはわかっていたようですね

神戸大のプレスリリース

19854. 2017年05月04日 19時11分24秒  投稿:Segura 
 [http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3045020.html]
カルデラ火山調査に密着、カメラが捉えた「泡」の正体は?
TBS NEWS 5月4日11時43分

初めまして。この掲示板を初めて利用させていただきます。
このニュースによると、鬼界カルデラの中央部の海底に直径およそ10km、高さ600mの溶岩ドームが確認され、世界でも類を見ない巨大なものだそうです。

これを後カルデラ火山の再生ドームとして考えると、直径10kmというのはそこまで珍しくないような気もするんですが(例えばトバカルデラのサモシール島)それとはまた別のものなのでしょうか?

19853. 2017年04月19日 09時10分53秒  投稿:ちば 
 [https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=W1tZwOc6idc]
ここ一ヶ月
2液性発泡ウレタン噴火実験を繰り返して来た
そこからわかってきたこと

火山噴火はマグマが発泡することで発生する
火道で上昇中に発泡をするようなポンチ絵が多い

一方で、噴火前にマグマだまりが膨張することが知られている
もしも膨張を検知した段階で
マグマだまりに何かを注入すれば
膨張を抑え爆発性を低下させることができるかもしれない

2液性発泡ウレタンは 
膨張率が高くみるみる体積が50倍に膨張する
反応時に多少の温度上昇をともない、
3分程度で完全に固化する

コップの場合はコップの上に太い泡が立ち上がるが
あふれる寸前に、逆さまにした漏斗を乗せることで、
上昇速度を上げて 擬似的な
噴火を起こすことができる。

被せるタイミングは、はやめのほうが
粘性が低いので、より細い管に導入可能。

気泡サイズが大きくなって、浮力が増してゆき
出口が狭まっていると加速して大きな速度に達する
気泡同士は合体しないほどよりおおきな速度が得られる

なべの吹きこぼれと同じ

マグマだまりから火道までの形がなめらかであること
通路は広すぎると速度が上がらないし
狭いと通過できない

おそらく溶岩ドームの出口もすごく狭い

噴火を抑える方法

気泡を合体させる
圧力を下げる ガス圧を下げる リークする
温度を下げる

噴火を起こす方法
マグマだまりと滑らかに連なる真っ直ぐな火道
急速な減圧 で一度に発泡させる
マグマだまりに余裕がないほうが噴火をしやすい

噴火の後
マグマだまりは地下で発泡を継続する
上の山を持ち上げるほどの力
宝永山 が噴火の最末期に出来た例

噴火後 地下で収縮するので
溶岩ドームに環状の断層があるのだろう

19852. 2017年03月02日 18時09分48秒  投稿:ちば 
 [https://aas-arcgisonline.maps.arcgis.com/home/index.html]
「赤色立体地図ラボ」のサイトは、

アジア航測ではなく 
ARC-GIS ONLINEにあります

19851. 2017年02月19日 14時11分10秒  投稿:ちば 
 [http://www.opb.org/news/article/mount-hood-glacier-caves-disappear/]
米国の西海岸にあるフッド火山はの山頂付近には美しい山岳氷河があります。
その末端にある氷河洞窟は美しくて有名でした。
その氷河洞窟がついに完全に崩壊してしまったそうです。
地球温暖化の影響は、高山や極地に現れますね


19850. 2017年02月18日 09時46分42秒  投稿:ちば 
 [https://www.metabunk.org/oroville-dam-spillway-failure.t8381/page-24]
カリフォルニアのダムの水位は低下
当面の危機は脱した模様


ダムの周辺の地質は、オフィオライトで、玄武岩の一部が熱水変質をしていて、余水吐の一部に穴があいてしまったようです。


https://en.wikipedia.org/wiki/File:Oroville_dam_infographic_feb_14.png

19849. 2017年02月04日 07時40分07秒  投稿:ちば 
 [http://arukazan.jp/temp/rrim-of-mars-png.kmz]
きのう、東工大で
惑星火山学研究会があった

火星の火山についての
興味深い発表だった

オリンポス火山の体積はとても大きいが
噴火の継続期間が長いためで
ハワイのホットスポットと比べると
噴出レートはほぼほぼ同じ

火星のDEMから赤色立体地図を試作たのを探していたのだが
みつかったのでリンクを張っておいた

使用法:
上記のリンクされているKMZファイルを保存し
(拡張子が.xmlになった場合は.kmzに変更)
Google Earthから開く

天体は、地球ではなく火星を指定する
(上のメニューの土星アイコンをクリック)
のをお忘れなく

地名が重なります

 感想やコメントをいただければ 幸いです
授業などでは ご自由に使用して頂いてかまいませんが
入手経緯や地形表現が赤色立体地図であることを説明して下さい

オリジナルの解像度は 11520ピクセル=360度 です
1/32度メッシュと言うことになります